2012年08月02日

【超短編小説】熱帯夜

眠れない夜。
じっとしていられなかった僕は、あてもなく散歩に出かけた。
見上げれば、広大な黒に無限の粒子。
あの光は、何千年何万年昔の輝きなのだと聞いて、未だに信じられないでいる。
天然のプラネタリウムを、今は僕だけ、ひとり占め。

静かな夜。
人も車も、明かりさえもまばらな、深い夜。
街灯だけが当たり前のように道を照らしている。
電線は蜘蛛の巣のように張り巡らされていて。
なるほどネットワークとはこういうことかと下らないことに納得する。

ひとりの夜。
こんな時間に外出しても、誰も心配などしない。
僕はひとりだ。
どこまでもひとりだ。
別に寂しくはない。
寂しいから、ではない。
必要だから、だ。

最後の夜。
無茶しても勝手をしても、無責任でいられた。
そんな、ひとり身の自由を満喫する、最後の夜。
後悔なんてしていないよ。
・・・ちょっとしか。

夜が明ければ、これまでと何もかもが変わるのかな。
隣にはきっと、君がいて。
それはそれは、幸せなんだろうな。
だけど、どうしてもつきまとう小さな不安。
こんな僕で、本当にいいのかな。
僕は幸せになれるのかな。
君を幸せにできるのかな。

暑い夜。
もうじき、太陽はいつも通りに昇る。
孤独な散歩は、これでおしまい。
これからは君と、二人で歩く。
誰もいない住宅街の真ん中で、僕はぐっと背伸びした。
posted by いずみ at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 超短編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【超短編小説】影法師

君の影法師に、僕の影法師を重ねて。
そっと、手を繋ぐ真似をする。
痛い夏の日差しに――在りし日の君を思い出しながら。

ある日、この街に爆弾が落ちた。

一瞬の光に、目に映る全てが吹き飛んだ。
跡形もなく――否、あまりの眩しさに、みんなの影法師だけを残して。
街は。
僕の住む街は。
その姿を大きく変えた。

世界はここを死の街と呼んだ。
瓦礫と灰塵だらけの土地を、街と呼んだ。
あちこちに残る人々の影法師に、不思議なコミュニティを見出して。

運よく生き延びた僕は。
何もかもを失って。
それでも、何故か、生きていた。
たったひとりで。

意味もなく。意義もなく。志もなく。
目的もなく。執着もなく。憎悪もなく。

ただ生きていた。
――君のいない世界で。

助けは来ない。
爆弾が含む毒に汚染されたこの街は、あらゆる生命を拒んでいた。
爆心地にいた、それでいて運よく生き延びた僕らを除いて。
故に死の街。
逆に、生き延びた住人が外の世界へ出ることも禁じられた。
毒を拡散させてはならない、という理由から。
もっとも、僕はここから逃げ出すつもりなどなかったのだけど。

この街には、君との思い出に溢れている。
瓦礫と化したとはいえ、あの頃の面影がまるでなくなったわけでもない。
僕は毎日、それらの思い出を集めて回る。
そして日が沈む前にここに来て。
君の影法師の隣で、一日を終える。
多分、死ぬまで。

影法師を重ねて、そっと、手を繋ぐ真似をする。
今日も一日が終わるよ。
おやすみなさい。
また明日。
タグ:小説
posted by いずみ at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 超短編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

【超短編小説】髪

机の引き出しの奥。
そこに僕の宝物が隠してある。

10センチ程度の髪の毛、一房。

プラナリアという生物を知っているだろうか。
体を2つに切断しても再生できるという、あれだ。
この髪の毛は、一目惚れした女子のもの。
名前は知らない。
高校へ向かう電車の中で見つけた、一際美しい少女。
ある日後ろから忍び寄ってバサリと切り取った。
プラナリアのように、髪の毛から彼女が再生しないかな、と思って。
100本ほどの髪の毛の束を、愛おしく撫でる。
100本の髪から100人の彼女が再生すれば、それはそれは素敵なことじゃないかな。
そんなことを思って、僕はひとりほくそ笑む。

数日が経って、髪の毛に少しずつ変化が現れた。
明らかに伸びている。
徐々に、確実に、長くなっていく。
髪の毛は緩くカーブを描いて。
1ヶ月後、それは円になった。
髪の束の円。
更に注意深く観察すると、どうやらそれは動いているらしい。
ピクリ、ピクリと。
何かを訴えかけるように、動いている。

そこで僕は、ああ生きているのだから水分がいるのじゃないかなと思った。
何故そう思ったかは分からない。
生き物らしく成長し、蠢いているところから連想したのか。

僕は慌ててコップで水を垂らした。
途端に、それまで微かだった動きが活発になる。
もぞもぞと、ごそごそと。
髪の毛の円は、まるで唇のように開閉し始めた。
そうか、髪の毛が成長し、唇になったのか。
何かを訴えかけるように、という僕の感想は当たっていたらしい。
丸く開いて「あ」の形。
少しすぼめて「う」の形。
一文字に閉じて「ん」の形。
しかし僕には、唇だけで言葉を細かく読み取ることはできない。
困ったな、何か伝えたいのだろうけれど。
そう思っていると、髪の毛はやがて微かな音を発しはじめた。

「あ・・・あ・・・う」

これは凄い。
確実に、この髪の毛は言葉を発しているではないか。
もしかしたら、コミュニケーションが取れるかもしれない。
僕は耳を澄ませて、注意深く音を聞く。

「う、あ・・・し・・・し」
し?
し――何だろう。

「し・・・ね。しね。死ね、この変態」

ああ、罵っている。
罵られている。
彼女に。彼女の髪に。
彼女も、こんな声なんだろうか。
罵倒の声に癒されながら、僕は名も知らぬ彼女へ思いを馳せた。
posted by いずみ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 超短編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。