2013年05月05日

【超短編小説】夢の通り

月に一回程度のペースで、定期的に見る夢がある。
繰り返し繰り返し、何度も見てきた。
忘れることのない、夢。

そして今、目の前に、その夢で見た通りの女性がいる。
名前も知らない。
だけどよく見知った、女性。

当然向こうは、僕のことなど知らないだろう。
いきなり目の前に現れても、不審がられるだけだ。
だから僕は、こっそり後を付けることにした。

月の明るい夜。
閑静な住宅街の路地裏。
街灯もまばらな、少し寂しげな道を歩く。
コツコツと彼女のヒールの音だけが響いた。
ああ、彼女はこんな音を立てて歩くのか。
僕は妙なところに感じ入ってしまう。
それはまるで夢の続きのような。
とろける響だった。

もっと――
もっと、彼女を知りたい。

名前は何というのだろう。
どこに住んでいるのだろう。
趣味は? 仕事は? 休日は何をして過ごすのだろう?
知りたいことが次々と溢れ出して止まらない。

しかし、一方でどこか諦観に似た気持ちもある。
所詮夢は夢。
現実とは違うのだ。
夢の続きを、少し体験できただけでもいいじゃないか――。

そんなことを考えていると、ふと彼女のやや後方に男の影が。
僕は様子を窺う。

それは明らかに怪しげな、コートを羽織って帽子を被った男だった。
両手をポケットに突っ込んだまま、やや早足で歩く。
この速度では、すぐに彼女にぶつかるだろう。
そこで、男は右手をポケットから出した。

ナイフ。

薄暗い、微かな明かりに反射する光で、僕はその存在に気付いた。
男は、そのナイフを握りしめ、今にも彼女に襲い掛かろうとする――。

違う。
こんな結末は、僕の望む――僕の夢じゃない。

思うより先に、体が動いた。
必死で走り、男に追いつく。
そしてそのまま、男の背後から強く体当たりをした。
吹き飛ぶ拍子に、男の右手からナイフがこぼれ落ちる。
カラン、と金属質な音が響いた。

何が起こったか一瞬分からないような顔をする男。
しかし、すぐに状況を察したのか、慌ててその場から逃げていった。

残されたのは、僕と、驚いた顔の彼女だけ。
よかった、彼女は無事だったのだ。
「怪我はありませんか?」
僕の問いかけに、彼女はようやく事態を理解する。
「は――はい。危ないところを、ありがとうございました」
そう言って、彼女は優しく微笑んだ。

ああ、そうだ。
この美しい笑顔だ。
これで――

僕は満足して、素早く彼女の白く細い首に手を伸ばす。
がっしりと強くその首を掴み、締め付ける。

――これで、夢の通りだ。

僕の両手で力尽きる彼女。
その怯えた末期の表情も、全て――僕の夢の通り。
ラベル:小説
posted by いずみ at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 超短編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

【超短編小説】穴

穴を掘っている。
ひたすらに。無心で。目的もなく。
ただ言われるがままに、掘っている。

固い岩を砕き、砂利をかき分け、粘土を貫く。
手はとうに痺れて、感覚も分からない。
それでも掘る。
掘る。
掘る。

少しの休憩。
何故こんなことをしているのだろう、と考える。
命令だから。
やらなければならないから。
そこで思考は停止する。
よく、分からない。
溜息をつく。
そうこうしているうちに休憩時間は終わり、また作業に戻る。

何故、何故、何故。
ああ、どうしてだろう、頭が上手く働かない。
考えがまとまらない。進まない。
巨大な岩盤に遮られているような感覚。
停滞。
そして閉塞。

混濁した意識のまま、それでも穴を掘り続ける。
もう随分と深く掘った。
いつになったらこの作業は終わるのだろう――。
そう思った矢先。
急に、掘るのを止めろと言われる。

毒が出た。

無色、無臭の気体で、本当にそれが毒なのかも分からない。
しかし、とにかく止めろと言う。
やむなく作業を中断し、地上へと這い上がる。
困った事態になったようだが、何にせよこれで体を休めることができる。
手も足も、もう疲れきっていた。
とにかく何もしたくなかった。

調査の結果、間違いなく毒であったらしい。
穴を掘る計画は中止となった。
そして今度は、その穴を埋めよという命令が下った。
ひたすら掘り進め、訳も分からないまま中断した、その穴を。
今度はとにかく埋めよと言う。
やむをえず、かき分けて山と積もった土を、深い穴へと放り込んでいく。

ざく、ざく、ざく。
埋める。
埋める。
埋める。

ああ、何か、考えていた。
考えていたはずなのだが。
それすら、もう忘れてしまった。
曖昧に広がるこの深い穴の中に、落としてきてしまったのかもしれない。

ああ――。
僕は一体、何をしているのだろうか。
ラベル:小説
posted by いずみ at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 超短編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

【連作/夏の雨】3.ゲームオーバー

「仕方ないなぁ」

ぼそりとひとり、呟いた。
ひとり、のつもりだった。

「何が仕方ないの?」
「ああ、君か」

何もない暗闇の世界に、もうひとり。
彼女はいわば、もうひとりのぼくだった。
ぼくはひとりではなかった。

「――いやね。ちょっと、世界を滅ぼそうかと思って」
「あら。もう飽きたの?」

『もう』。
彼女にとっては、そんな感覚だろう。
まったく、彼女にはかなわない。

「まだたったの――46億年じゃない」
「そうだね、君の137億年には及びもしない」
「そう思うなら、どうして?」
「うん、まぁ、何だろう。可哀想になっちゃって、さ」
「可哀想?」
「そう、可哀想。
 精一杯生きることも叶わず、かといって死ぬこともできず。
 迷惑をかけるのも嫌で頼るのも申し訳なくて縋るのも忍びなくて。
 小さくてか弱くて優しくて、ぞんざいで残酷で無慈悲で。
 ――人間というのは、どうしてこうも可哀想なのかね」
「・・・あなたは、感情移入しすぎなのよ」
「そうかもしれないね」
「でもまぁ、あなたが決めることだから。あたしは何も言わないわ」
「うん。ありがとう」

そうして彼女は、音もなく去っていった。
あれで彼女は結構忙しいのだ。

ぼくは小さく溜息を吐く。
何だか酷いことをしちゃったかな。
自分で作った箱庭に、自分で作ったお人形。
みんなが楽しくなればいいと思って、作ったのだけれど。
世界はあまりに、悲哀で溢れている。

やがてぼくの溜息は、白く濁り。
薄膜のように、星を覆った。
溜息はやがて雨となり、世界に等しく降りしきる。
あとは、雨の管理人をばらまいて、完了。
ほんの数年で、多分世界は滅ぶろう。

作ってしまって、ごめんなさい。
救えなくて、ごめんなさい。
何もしてあげられなくて、ごめんなさい。

世界は、これで終わりです。
さようなら。

悲哀も、これで終わりです。
おめでとう。

ぼくは少し、休みます。
何だか凄く疲れてしまって。
それじゃあバイバイ。

おやすみなさい。
ラベル:小説 夏の雨
posted by いずみ at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 超短編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。