2011年11月29日

「今日のあすかショー (2)」読了。



「今日のあすかショー」2巻読了。

ショートストーリー集といった体裁ですが、雰囲気・味が独特。
系統で言えば、よつばと!とかに近いんだろうけど。日常系。

本作の見所は、何と言っても作者の感性、着眼点のよさかと思います。
ヒロイン・あすかの実に何気ない、けど強烈な魅力を切り取って短編にしてるような。
読者はそれを傍らで、モブキャラのみなさんと一緒に楽しむ形式になっています。

うっかりすると萌え系・美少女ものとして扱われそうですが、ちょっと違う。
勿論そういう見方もできるけど、真髄はやっぱり前述の「傍らで楽しむ」ということ。
あすかを取り巻く世界観を感じて、楽しむこと。
ごくごく普通のリアルな世界ではあるんですが、あすかが絡むとちょっと和む。
そんな雰囲気があります。

まぁ、細かく考えずに楽しむのがベストですかね。結局は。


ラベル:漫画 書評
posted by いずみ at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評/漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

「黒咲練導作品集 C-」読了



黒咲練導作品集 C-[シーマイナー]読了。

黒咲練導といえば、「放課後プレイ」でいきなり大ブレイクし、現在では
様々な雑誌で活躍中の作家です。
本作は、ある意味その集大成といえるデキ。
なんかもう、無駄にエロい。

実は、個人的にはこの作者の絵は好みではありません。
けど、その独特のセンス、話作り、表情等が実にツボで。
割りと投げっぱなしなラストなど、ちょっと親近感がわくところもあります。

作品の性質上、読む前にちょっと注意が必要です。
18禁ではないし一般の作品なんですが、結構直接的にエロい部分もアリ。
そこら辺、覚悟の上でお読みください。

しかし、どの作品もヒロインが変態ってのはどうなんだろう。
ドSかドMしかいねえよ!
そういう所がこの作者の個性であり、長所なんだろうけどねー。
僕は好きですよ。そういうのも。

さて、これって続刊もありなんでしょうか?
作品集2みたいな。
是非、続けて欲しいものですが。
ラベル:漫画 黒咲練導
posted by いずみ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評/漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

「めだかボックス(12)」読了


アニメ化も決まった、めだかボックス最新12巻読了。

今回は生徒会執行部候補生の5名が中心ですね。
そしてバトルメインだった内容も、謎解きメインにシフト。
この辺はミステリ出身である西尾維新の本領発揮というところでしょうか。

ここから、めだかの登場回数がグッと減ってきます。
代わりに阿久根と球磨川の登場回数が飛躍的にアップ。
結果はモロに人気投票に出てましたねー。
おっと、これは本誌情報であって、単行本的には13巻にならないと分からないのか。

個人的には、球磨川VS赤さんの神経衰弱対決がお気に入りです。
こういうイカサマバトルはときめきますねー。
っていうか、いつの間にか「スキルホルダー」っていう呼び名が定着してますね。
アブノーマルとかマイナスとかって言葉を超越してる。
まあいいけどさ。

そしてそして、忘れちゃいけないオマケページ。
今回も実に充実しています。
毎度恒例、各話の1ページ裏話(?)、安心院さんによる委員長たちの紹介、増刊に掲載された短編など。
あと、カバー下には赤さんの・・・!?
ココ重要。

posted by いずみ at 16:30| Comment(0) | 書評/漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。