2013年05月05日

【超短編小説】夢の通り

月に一回程度のペースで、定期的に見る夢がある。
繰り返し繰り返し、何度も見てきた。
忘れることのない、夢。

そして今、目の前に、その夢で見た通りの女性がいる。
名前も知らない。
だけどよく見知った、女性。

当然向こうは、僕のことなど知らないだろう。
いきなり目の前に現れても、不審がられるだけだ。
だから僕は、こっそり後を付けることにした。

月の明るい夜。
閑静な住宅街の路地裏。
街灯もまばらな、少し寂しげな道を歩く。
コツコツと彼女のヒールの音だけが響いた。
ああ、彼女はこんな音を立てて歩くのか。
僕は妙なところに感じ入ってしまう。
それはまるで夢の続きのような。
とろける響だった。

もっと――
もっと、彼女を知りたい。

名前は何というのだろう。
どこに住んでいるのだろう。
趣味は? 仕事は? 休日は何をして過ごすのだろう?
知りたいことが次々と溢れ出して止まらない。

しかし、一方でどこか諦観に似た気持ちもある。
所詮夢は夢。
現実とは違うのだ。
夢の続きを、少し体験できただけでもいいじゃないか――。

そんなことを考えていると、ふと彼女のやや後方に男の影が。
僕は様子を窺う。

それは明らかに怪しげな、コートを羽織って帽子を被った男だった。
両手をポケットに突っ込んだまま、やや早足で歩く。
この速度では、すぐに彼女にぶつかるだろう。
そこで、男は右手をポケットから出した。

ナイフ。

薄暗い、微かな明かりに反射する光で、僕はその存在に気付いた。
男は、そのナイフを握りしめ、今にも彼女に襲い掛かろうとする――。

違う。
こんな結末は、僕の望む――僕の夢じゃない。

思うより先に、体が動いた。
必死で走り、男に追いつく。
そしてそのまま、男の背後から強く体当たりをした。
吹き飛ぶ拍子に、男の右手からナイフがこぼれ落ちる。
カラン、と金属質な音が響いた。

何が起こったか一瞬分からないような顔をする男。
しかし、すぐに状況を察したのか、慌ててその場から逃げていった。

残されたのは、僕と、驚いた顔の彼女だけ。
よかった、彼女は無事だったのだ。
「怪我はありませんか?」
僕の問いかけに、彼女はようやく事態を理解する。
「は――はい。危ないところを、ありがとうございました」
そう言って、彼女は優しく微笑んだ。

ああ、そうだ。
この美しい笑顔だ。
これで――

僕は満足して、素早く彼女の白く細い首に手を伸ばす。
がっしりと強くその首を掴み、締め付ける。

――これで、夢の通りだ。

僕の両手で力尽きる彼女。
その怯えた末期の表情も、全て――僕の夢の通り。
タグ:小説
posted by いずみ at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 超短編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
作品を拝見させて頂きました。
とても良かったです。
これからも素敵な作品楽しみにしています。
頑張って下さい。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3〜30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
投稿される作品は新作でなくても構いません。あなたがホームページで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には現在、雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/
Posted by つねさん at 2013年05月15日 17:12
ご感想ありがとうございます。
今後もボチボチと作品を書いていけたらと思っていますので、
気が向いたら見に来てやってください。
Posted by 管理人 at 2013年05月17日 11:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/359069901

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。