2012年10月14日

「めだかボックス外伝 グッドルーザー球磨川 小説版(上)」読了。


グッドルーザー球磨川上巻読了。

いやー、いいですね。
これまでの小説版の地味っぷりから大きく路線変更して、実に派手な内容。
大嘘憑きオールフィクションもふんだんに使います。
あ、ふんだんという程でもないか?

とにかくまぁ派手。
というかこれまでが地味すぎただけなんだけど。
やっぱりめだかボックスは少年漫画なわけで、その小説版ならばこれくらいじゃないとね。

そんなわけで、本作非常にオススメです。
もちろん、原作が好きなことが大前提ではありますけども。
須木奈佐木咲がいっぱい登場するのも見所。
posted by いずみ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評/小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/297416285

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。