2012年09月19日

「小林賢太郎戯曲集CHERRY BLOSSOM FRONT 345 ATOM CLASSIC」読了。



小林賢太郎戯曲集CHERRY BLOSSOM FRONT 345 ATOM CLASSIC読了。
ラーメンズの舞台3本分の脚本が1冊に詰まっております。

特にこの3本は個人的に好きな作品。
色んなラーメンズが見れる、という意味で、実に見応えのある舞台でした。
勿論、戯曲集としても読み応えのある作品になっています。

特に「採集」「小説家らしき存在」は秀逸。
ちょっと怖いラーメンズは大好物です。

あと、ギリジンをテキストで読むとシュールでオススメ。
歌とか、譜面載ってるからね!
どんな需要があるというのか。
面白いからいいんだけどさ。

現在、戯曲集として他に
「home FLAT news」
「STUDY ALICE TEXT」
の2冊が出ている模様。
これらも買おうかなぁ。
まぁ、ぼちぼち。
ラベル:書評
posted by いずみ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評/小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。