2012年09月13日

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)」読了。



俺妹11巻読了。

子供時代の回想がメイン・・・と思いきや、そこから繋がる次回への伏線がメイン。
前巻であやせから告白された京介ですが、その辺の話は次回までおあずけです。

そして、最後の最後で一線を超える発言をする桐乃。
うん、その発言は、駄目だろう。
僕は、一応普通の兄妹モノとして見てたんだけどなぁ・・・。
やっぱりそういう方向に行っちゃうんですね・・・。

次巻、最終回。
もう終わり? と思ったんだけど、12巻も続けば十分長寿だよね。
短く感じるのは、やはり楽しかったからかと。
最後まで楽しみにしています。
待ち遠しいぜ。
posted by いずみ at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評/小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。