2012年08月02日

【超短編小説】熱帯夜

眠れない夜。
じっとしていられなかった僕は、あてもなく散歩に出かけた。
見上げれば、広大な黒に無限の粒子。
あの光は、何千年何万年昔の輝きなのだと聞いて、未だに信じられないでいる。
天然のプラネタリウムを、今は僕だけ、ひとり占め。

静かな夜。
人も車も、明かりさえもまばらな、深い夜。
街灯だけが当たり前のように道を照らしている。
電線は蜘蛛の巣のように張り巡らされていて。
なるほどネットワークとはこういうことかと下らないことに納得する。

ひとりの夜。
こんな時間に外出しても、誰も心配などしない。
僕はひとりだ。
どこまでもひとりだ。
別に寂しくはない。
寂しいから、ではない。
必要だから、だ。

最後の夜。
無茶しても勝手をしても、無責任でいられた。
そんな、ひとり身の自由を満喫する、最後の夜。
後悔なんてしていないよ。
・・・ちょっとしか。

夜が明ければ、これまでと何もかもが変わるのかな。
隣にはきっと、君がいて。
それはそれは、幸せなんだろうな。
だけど、どうしてもつきまとう小さな不安。
こんな僕で、本当にいいのかな。
僕は幸せになれるのかな。
君を幸せにできるのかな。

暑い夜。
もうじき、太陽はいつも通りに昇る。
孤独な散歩は、これでおしまい。
これからは君と、二人で歩く。
誰もいない住宅街の真ん中で、僕はぐっと背伸びした。
posted by いずみ at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 超短編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。