2012年04月13日

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない(10)」読了。



俺の妹がこんなに可愛いわけがない10巻読了。
9巻からちょっと間があきましたね。

さて、今回は一人暮らしのお話。
テーマとしては、人は誰かに支えられて生きてるけど自分も誰かを支えてるんだよ、
みたいな感じですか。
本編のあらすじ以外に、ちゃんとテーマを見い出せる作品は優秀だと思うのです。

・・・というお固い話はおいとくとして。
取り敢えず加奈子が可愛いですよ。
今回一番伸びてきたキャラだと思うんですがいかがでしょう。
今後に繋がる波乱を起こしてくれたあやせももちろん可愛いんですけどね。
そして個人的には麻奈実が一番好きなんですけどね。
いやー、加奈子可愛いよ加奈子。
田村ゆかりの声で脳内再生されるから、というのはデカいと思います。
・・・・・・桐乃? ハッ。どうでもいいです。

そういえば、作中のストーカーの件は実話をモデルにしてるのかしら。
何でも、作者へ電波脅迫メールを500件くらい送りつけた人が逮捕されたとか。
活かしてるなあ!
道理であの辺やたらリアルだなと思ったんだよ。
被害まで糧にできるってのは、プロの極みですよね。

そして、次巻は一体どうなるのか。
8巻が黒猫のターンであったように、11巻はあやせのターンになるんでしょうか。
でもなぁ。
今回は、黒猫の時とは前提が違うもんね。
ただの修羅場になって終わりそう。
うう、あやせ可哀想です。
そのままヤンデレ化してくれると僕がひとりで喜びます。うへへ。

どうやら、ここから3冊くらいでひとつのお話になる模様。
もちろん10巻は10巻としてひとつの話ではあるんですけどね。
ちょうど7〜8巻が大きなひとつの話になってたのと似た作りになるのでしょう。
タグ:書評 ラノベ
posted by いずみ at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評/小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/264281669

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。