2011年12月04日

「めだかボックス (13)」読了。


めだかボックス13巻読了。
帯にはアニメ化の文字が。でも特に新しい情報はないみたいですね。
今のところわかってるのは、来年の春期であることと制作がガイナックスということくらいかな。
キャスト早く来い。Vomicと同じでいいから。

さて、13巻は鰐塚のデレ期到来から、トレジャーハンティング決着まで。
さり気なく喜界島さんが鰐塚と宗像の類似性に気付いてますね。
伏線細かいなぁ。

ここまでで箱庭学園の委員長が勢ぞろいするわけですが。
どうもこの委員長たちが今後の物語を左右しそうですね。
むしろ後輩5人組よりよっぽど存在感がありそう。

あと、見所としてはやっぱり外せない人気投票結果。
何回見ても信じられねえ。
球磨川1位とか、凄すぎるだろう。しかもぶっちぎり。
あと地味に阿久根先輩が平戸ロイヤルにリベンジ。おめでとうございます。

単行本といえばおまけページ。
今回も実に充実しておりますよ。
NEXT掲載の番外編2ページに、安心院さんによる委員長解説、そしていつもの幕間の1コマ。

そんな感じで、実に充実した13巻でした。
数字もまたいいしね。めだかとしては馴染みの深い数字です。


posted by いずみ at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評/漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。