2011年10月26日

「鬼物語」読了


西尾維新、「鬼物語」読了。

その名の通り、吸血鬼・忍野忍が中心となる話です。
・・・と、見せかけて――というのはもはや西尾維新のお約束ですね。
でもまぁ、うん、ちゃんと忍が中心で頑張ってますよ。

っていうか、傷物語以降、忍は結構前面に出ている気がしますね。
傾物語なんか、忍の話しじゃん! ってくらい出てたし。

内容としては、壮大なる過去話を忍――キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード視点で語るというものがまずひとつ。
そして、謎の「くらやみ」に対していかに立ち向かうか、というものがひとつ。
大きくこの2本柱になるかと思います。
根っこは一緒かもしれないけどね。

そういや、さりげなく初登場となるキャラもいましたね。
まぁここで詳しく言及はしませんが。
これは、次巻「恋物語」で第2シーズン終了となることへの伏線なのか?
それともここだけの話なのか?
その辺も踏まえて、次巻が待ち遠しいですな。

あと、第2シーズンでは新キャラであり影の皆勤キャラである忍野扇が気になるところですね。
男だったり女だったり、そして時系列すら超越したような、何やら達観したキャラですが。
彼(彼女)の謎も、次巻で明らかになっていくのでしょうか。
・・・マジ気になるんで、その辺はホントお願いします。説明して下さい。



posted by いずみ at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評/小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。